松山のぞみ幼稚園 よくある質問

Q.こんな甘えん坊では、、、

A.「家では甘えん坊で、することなすこと人の手を借りなければできないし、言うことをきかない、
   よその子に乱暴する、こんな子が親の手から離れて、知らない人ばかりの中に入ったらどうなるかしら。」
  お母さん、そんな心配はいりません。お母さんのもとにいるから、子どもも甘えダダをこねるのです。
  集団生活の中に入って、自分でやらなければならなくなると案外できるものです。
  お母さんが不安を持つと、たちまちその不安は子どもに伝わります。
  まず、お母さんが安心して入園を迎えることです。

Q.洋服の脱ぎ着

A.くつ、洋服の脱ぎ着、手を洗う口をすすぐ、うがい、食事、用便など、入園までに一人で出来るにこしたことは
  ありませんが、園では入園直後、こうした身のまわりの始末が一人で出来るように援助します。
  それよりも、まず子どもが自分の身支度を一人で出来るように、お母さんが工夫しているかどうか考えてくだ
  さい。
  洋服は前あきで着やすいものを、用便の時ズボンはゴムが通っているものを選び、手洗いやうがいをする流し
  は、子どもの手が楽に届くように台を置くなどの工夫をして、自分でできる環境を作ってあげることです。

Q.おむつが取れていないのですが

A.おむつが取れていなくても、保育者が一緒にトイレに行き、排泄の援助をします。
  トイレの使い方やお尻の拭き方も、一人ひとりに教えています。
  「おしっこ」と言えない子どもも、遊びに夢中になっておもらしする子どもも、保育者が時間をみてトイレに行く
  ように声を掛けたりしていますので、ご安心ください。

Q.友達と一緒に遊べるかしら・・・

A.「うちの子は乱暴だから、よその子をいじめているんじゃないかしら」
  「この子は弱虫だから、のけものになっているのじゃないかしら」
  これまで大人の中で育っていた子どもは、自分の遊びたいおもちゃを自由に使い遊べました。
  しかし園に入れば、そうはいきません。自分の遊びたいおもちゃを他の子が持っていれば遊べません。
  こんな時、たいていの子は放っておいても「入れて」と言って一緒に遊びます。気が弱かったり、慣れてなくて
  そう言えない子でも、先生がうまく一緒に遊べるようにしてくれますから、心配いりません。
  そして、やがて2人,3人と少人数から多人数で遊ぶ楽しさを知って「入れて」と自然に言えるようになります。
  反対に乱暴な子は、自分勝手なことをすれば友だちが嫌がり、泣いてしまうということが分かってきます。
  気の弱い子も自分の思ったことが言える様に援助することで、同年齢の友達と成長し合います。
  これが幼稚園教育の大きな意味があるのです。

Q.泣いているのじゃないかしら

A.家では甘えん坊でも泣き虫でも、たいていの子は他人の中に入れば、一人前に行動できますから、
  ご安心ください。泣く子は朝の別れ際が大切です。
  「いい?泣くんじゃないわよ。いじめっ子がいたら先生に言えばいいのよ。大丈夫ね。
   それじゃ、お母さん帰るわよ。」
  これでは、子どもが泣くのも当たり前。
  「それじゃ、いってらっしゃい」と、肩の一つもポンと叩き、あっさり別れた方が効果的です。
  出がけにぐずる子どもに負けて、休ませてしまうのは、なおいけません。
  後は、保育者が引き受けますので、安心してお任せください。
  新入園児のお子さんとは、連絡ノートを作って、園での出来事をお知らせしながら、
  個々に合った保育をしていきます。